エコキュートの床暖房は他の床暖房と比べてどうか?

エコキュートの床暖房は、他の床暖房と比べてどうなのでしょうか。自分の家ではエコキュートで床暖房にした方がいいのか、それとも床暖房は別にした方がよいのか、目安になればと思い、床暖房の種類別にメリットやデメリットなどを比較してみました。

スポンサードリンク


床暖房の種類は3つ

まず、どんな床暖房があるのかを紹介します。

床暖房には、その仕組みによって大きく分けて3種類があります。

それでは、一つずつその特徴をエコキュートの床暖房と比べて見てみましょう。

熱源がさまざま!他の温水式床暖房と比べてみる

温水式は、ガスや灯油などのボイラーで沸かしたお湯を床下のパイプに循環させて暖める仕組みです。エコキュートの床暖房もこの温水式で、エコキュートで沸かしたお湯を床下に循環させて暖めます。

ヒートポンプを使うものには、エアコンと同じ冷媒を使ったエアコン併用型の床暖房もあります。これは、エアコンと同じ室外機(ヒートポンプ)で床暖房用のお湯を作り、エアコンと一緒に使えるタイプのものです。

温水式の特徴は、ランニングコストが電気式に比べ安いので、広い範囲を暖めたり、長時間使用するのに向いている床暖房です。つまり、主暖房として使うのに良いということになります。

ただ、床下へお湯を循環させるパイプを設置したり、お湯を沸かすボイラーが必要なので、他の床暖房に比べ、温水式の床暖房は初期費用が高くなります。

また、定期的なメンテナンスが必要で、ボイラー(給湯機)の寿命などから修理・交換が必要になり、ボイラーも高価です。

お湯を沸かす熱源がいくつかありますが、同じ温水式でも効率が一番いいのはエコキュート(ヒートポンプ)を使った床暖房です。床暖房の中では、ランニングコストが一番安いといわれています。

ヒートポンプの次にランニングコストが安いのが、順に灯油、都市ガス、プロパンガスとなります。ただし、プロパンガスの場合は安いとはいえないです。

初期費用が安い!部分的な暖房に良い電気式床暖房と比べてみる

電気式は床下にヒーターを設置して暖めるというわかりやすい仕組みです。

ヒーターにはメーカーにより種類があり、床材と一体化したものや、ヒーター内臓のパネルを床下に設置して、その上にフローリングやカーペットなどの床材をはる、パネル式ヒーターがあります。

電気式の特徴は、床暖房するのに必要なのはヒーターのみですので、施工しやすく、初期費用が一番安いです。また、メンテナンスが不要という点も特徴です。

ただ、電気式は、床暖房を使う時点での電気をその都度使うので、昼間長く使うのには向かず、ランニングコストも一番高いといわれています。

そのため、在宅している夜など、使う時間が限られている場合や、寝室だけのうよに部分的な暖房に向いています。

エコキュートの床暖房も、給湯との併用なので湯切れや使用頻度を考えると、部分暖房として利用する価値はありそうです。ただ、電気式と比べた場合、やはり初期費用が高いですが、ランニングコストが電気式よりも安いのは魅力です。

チェック!
今では、同じ電気式でも従来の電気ヒーターではない、カーボン(炭素繊維)タイプの発熱体を使う方法もあります。これは、電気式のランニングコストの問題を解決したものです。

ランニングコストも安い!注目の蓄熱式床暖房と比べてみる

蓄熱式は、蓄熱材と呼ばれるものに安い深夜電力を利用して熱を加えて、蓄熱材が蓄えた熱で床面を暖める仕組みです。一日中暖房ができます。

石焼ビビンパの器がわかりやすいかもしれませんね。器が蓄えた熱で食べ終わるまで温かいまま。そんな原理で暖める方法です。

メリットは一日中使うのに最適なのと、ランニングコストの安さです。床暖房だけに注目した場合、今のところイチオシです。寒さが厳しい地方にはいいですね。


カテゴリー