エコキュートで床暖房!でも、そもそも床暖房って?

ここでは、まずは床暖房って何?という方でもわかるようにその特徴や基礎知識をまとめてみました。床暖房機能が付いたエコキュートを検討する材料の一つとしてどうぞ。

知っているようで知らない!?床暖房はどんな暖房なのか

床暖房と聞くと、床を暖める暖房とか、ホットカーペットみたいなものでしょ?という方も中にはいるかもしれません。確かに足元から暖めてくれる暖房ですが、床暖房はそれだけではありません。

床暖房は、床面を暖めるのはもちろん、その床から放射される熱(これを輻射熱という)によって部屋全体を暖める暖房です。

つまり、単に床を暖めるような部分的な暖房だけでなく、部屋全体を暖める主暖房として使用することができます。ですから、床暖房を入れる場合には、目的によって大きく2通りの利用方法があります。

利用方法によって、必要な暖房面積、予算やランニングコストの違い、ライフスタイルなどもありますので、導入を考えているなら、どちらの目的で利用するのが適しているのかをまず検討してみましょう。

スポンサードリンク


床暖房の暖かさの特長

床暖房の暖かさは、日なたぼっこをしているような快適さが特長です。足元からじんわり暖めてくれるので、頭寒足熱の暖房とも言われます。

床暖房は、ファンヒーターやエアコンのような温風暖房と違い、送風をしないので空気が乾燥したりほこりが舞うこともありません。

また、輻射熱(ふくしゃねつ)を利用するので、天井の方だけが暖かく足元が寒いということがなく、均一の暖かさが得られるのが特徴です。

もちろん、石油・ガスストーブのように室内で燃焼しないので、空気が汚れる心配もなく、火を使わないので安心できます。

大きく分けて3種類ある

床暖房には、その仕組みによって温水式と電気式、畜熱式の3種類があります。

温水式は、ガスや灯油などのボイラーで沸かしたお湯を床下のパイプに循環させて暖房する仕組みです。エコキュートの床暖房もこの温水式で、エコキュートで沸かしたお湯を床下に循環させて暖めます。

電気式は床下にヒーターを設置して暖めます。ヒーターには、床材と一体化したものや、ヒーター内臓のパネルを床下に設置して、その上にフローリングやカーペットなどの床材をはる、パネル式ヒーターがあります。

蓄熱式は、蓄熱材と呼ばれるものに電気を利用して熱を加えて、蓄熱材が蓄えた熱で床面を暖める仕組みで一日中暖房ができます。

お得なのはどれ?床暖房の種類と比較はこちら

床暖房はフローリングじゃなくても大丈夫!

床暖房の床の仕上げ材は自由に選べます。フローリングにする方が多いので、フローリングじゃなきゃダメなのかと思いますが、フローリングだけでなく、カーペット・コルク・畳・タイルなど好きな床剤を選べます。

ここもチェック!床暖房の注意点

さて、ここまで見るといいことばかりのように思える床暖房ですが、知っておきたい話もあります。

まずは、その設置に関してです。

床暖房は、高気密・高断熱住宅で最適に機能する暖房です。隙間風が入ったり、断熱性が低い住宅では効率が悪く、、ランニングコストも高くつきます。

そのため、床暖房を導入しようという場合は、高気密高断熱へのリフォームも必要になることもあり、初期投資に費用がかかります。他の暖房と比べても床暖房自体の費用は割高です。

さて、次は、安全面です。

火を使わず安全ですが、床暖房ならではの注意点もあります。それは、使い方を誤ると、こもり熱による低温ヤケドの可能性があるということです。

こもり熱とは、長時間同じ場所に座っていたり寝そべっている間に、その部分の床表面の熱が空気中に逃げずにこもってしまう熱のことです。

この熱により低温やけどを起こす可能性があります。もちろん、通常の使い方をしていれば問題ありませんが、使用上の注意としてこんなこともあるということです。


カテゴリー