エコキュートで床暖房はお得?それとも損?床暖房機能がまるわかり!

床暖房は住宅設備では新築やリフォームでも人気の設備です。エコキュートで人気の床暖房もできるとなると、気になる方も多いでしょう。

そんなエコキュートの床暖房機能はどうなのかを紹介します。まずは、床暖房について基本的な情報を見てみましょう。

スポンサードリンク


エコキュートで床暖房!でも、そもそも床暖房って?

床暖房と聞くと、床を暖める暖房とか、ホットカーペットみたいなものでしょ?という方も中にはいるかもしれません。

確かに足元から暖めてくれる暖房ですが、床暖房はそれだけではありません。床暖房は、目的によって大きく2通りの利用ができます。

知っているようで知らない!?床暖房はどんな暖房なのか、なぜ人気なのか、その暖かさの特長は?床暖房の基礎知識はこちら

エコキュートの床暖房の特徴

エコキュートの床暖房は、温水式と呼ばれるタイプです。効率の良いエコキュート(ヒートポンプ)で沸かしたお湯を床下のパイプに循環させて暖める仕組みです。

エコキュートは、効率が良く、基本的に安い深夜電力でお湯を沸かし、その温水を床暖房に使うため、ランニングコストが安く済むのが特長です。

ただ、夜間に沸かしたお湯では足りない場合、割高な昼間の電気を使い沸かすことになります。

また、温水式の床暖房は、床下に温水を循環させるパイプを設置する必要があるので、初期費用がかさみ、メンテナンスも必要になります。

エコキュートの場合、本来の機能は給湯機ですが、設備自体が割高です。しかも、一つのヒートポンプで給湯も床暖房もとなると、通常より使用頻度が高くなります。寿命に影響することは考えておいた方がいいでしょう。

エコキュートで床暖房は得か?それとも損か?

一言で得か損かを言うことは出来ません。 というのは、エコキュートの機能の一つとしてあるので、他の床暖房と単純に比較できない点もあるからです。他の床暖房と比べてみる

その上で、ここでは、エコキュートの床暖房の特徴から、床暖房としてのメリットとデメリットとなる点をあげてみます。

エコキュートの床暖房としてのメリット

エコキュートの床暖房としてのデメリット

給湯もできて床暖房も出来ると考えれば、お得かもしれません。でも、床暖房として考えるなら、他の床暖房と比べ導入費用やメンテナンスや寿命という点で損でもあります。

でも、ランニングコストはやはり安いです。エコキュートは「割高な昼間の電気を使うのは」損しそう気がしますが、エコキュートのヒートポンプは電気ヒーターの約3倍の効率の良さです。

通常の昼の電気料金より割高になるといっても、電気ヒーターの3分の1の電気で済むので、床暖房のランニングコストは、他と比べ、安いです。

エコキュートの床暖房を含め、温水式の床暖房は広く大きな部屋や、長時間使う場合に向いているといわれています。

ですが、エコキュートの場合、給湯との兼ね合いから、寒冷地には向いているとはいえません。また、長時間使うのに向いているといわれていますが、一日中使うことはできません。

エコキュート床暖房のメリットとデメリットをあげてみましたが、もともとエコキュートの導入を考えているから、床暖房として十分機能するならついでに床暖房も一緒にという方もいると思います。

ですが、せっかく床暖房に興味を持ったのなら、エコキュート以外の蓄熱式床暖房などもじっくり検討したほうが良いですよ。

また、多機能は便利な一方で、ヒートポンプが故障すれば、本来の機能である給湯はもちろん、床暖房も使えない状態になるということもお忘れなく。


カテゴリー