エコキュートにするとどんなメリットがあるのか

エコキュートは省エネで環境に優しいというだけでも十分なメリットですが、やっぱり実生活でのメリットはチェックしたいところですよね。

エコキュートにすると・・・

それでは具体的にそのメリットについて見てみましょう。

エコキュートはランニングコストが圧倒的に安い!

一般家庭の光熱費のうち、3分の1は給湯に費やされているといわれています。その給湯費を削減できるので、光熱費を大きく下げることができます。

エコキュートは、非常にエネルギー効率が良く、ランニングコストが他の給湯器よりも断然お得です。

どのくらいお得なのか、各家庭で差はあると思いますが・・・

1カ月あたりの給湯ランニングコストは、約1000円程度と言われています。都市ガスと比べると、約6分の1程、従来の電気温水器と比べても約3分の1程度にまで給湯にかかる費用を節約できるといわれています。

電気代や光熱費のシュミレーションがメーカーや電力会社のホームページでできるので一度試してみるといいですよ。

火を使わないからクリーンで安心・安全

火を使わないので、火を燃やすことによる臭いや煙が出ることもありません。排気であるCO2を排出しないクリーンな給湯器ですので、ここでも地球温暖化防止にもなります。

また、火を使わないので安心・安全です。ガス漏れや不完全燃焼とは無縁です。

床暖房や浴室暖房もできる多機能型タイプがある

エコキュートには、そのエネルギー効率の良さを生かした、床暖房や浴室乾燥・暖房ができる多機能タイプがあります。給湯機能だけで充分、という方にはメリットではないかもしれませんが、新築やリフォームを考えているなら、一緒に検討してみるといいかもしれません。

補助金制度などの優遇がある

エコキュートは、オゾン層を破壊する冷媒を使わず、家庭でのCO2の排出もダウンすることができるので、地球温暖化防止につながります。

そのため、エコキュートの普及を推進するため、国が助成を行う補助金制度があります。導入費の一部について補助金が受けられるため、初期費用負担を軽くすることができます。

補助金の詳細はこちら

その他にも、各市町村でエコキュートの補助金を実施しているところもありますので、市役所のホームページをチェックしてみるといいですよ。

地震などの災害時に役立つ

万が一、地震などの災害で断水した場合、タンク内の水を生活用水として使用できます。タンクがあるからこそのメリットです。メーカーによっては、タンクに非常時用のコックがついているものもあります。

災害時は太陽光発電があるとさらに役立ちます。

スポンサードリンク


オール電化にするとさらにお得!
電力会社により違いますが、5〜10%のオール電化割引を受けることができます。また、各金融機関では、オール電化に対して特別金利でローンを実施していたり、保険会社でも火災保険が割引になるとこともあります。

火災保険のオール電化割引をしている保険会社
AIU保険
セコム損害保険
東京海上日動火災
日本興亜損害保険
あいおい損保

関連記事

エコキュートにもある!?デメリット

カテゴリー